読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ん?お蕎麦?

雑食系オタク

ジャニーズとK-POP

ヒャンです。


ヒャンはジャニーズが好きでした。
今もある一つのグループに関してはファンですけども、Kヲタ担ってからはあまり日本人には興味がなくなって、ジャニーズの自担を軽く愛でる程度にしております。

そこで、彼らアイドルというくくりでは同じなのに何が違うのだろうかと、少し考えました。

①距離

アイドルとファン。

Kドルはアイドルとファンとの距離が近いです。
音楽番組などのパフォーマンスは写真撮り放題、動画撮り放題。空港に行けば会えるし、握手会やサイン会も頻繁に開催してます。
KドルはカムバというCDを発売する前後二ヶ月くらいはほぼ毎日音楽番組に出演してます。
それが終わるとパタンと活動をやめファンもドルもお休みします。
ファンの中には少し非常識な人もいて私生活に介入しようと自宅まで押し寄せてきたりするサセンという人たちがいたりもします。
TwitterなどのSNSも頻繁に使うので、すっぴんが見れたり私生活の一部が覗けたりもします。

それに比べ、ジャニーズは
CDを発売する前後に音楽番組にちょこちょこ出る程度。それでもランキングが一位になったりするからすごいです。
サイン会や握手会、もちろん空港で会うことはほぼできないし
動画も写真も撮れません。
(それで公式の売り上げを上げるんだけども)
TwitterなどのSNSはもちろんやらないで、月定額の料金を払えば日記的なブログ的なものが見れます。


②CDに対する感覚
KドルのCDはかなりの枚数を一人当たりが購入します。
というのも、サイン会を開催した時に当選する確率を上げるためです。
人によっては十数枚、百枚を超える人もいます。

しかし、ジャニーズは初版、通常を一枚ずつ買うとかが多いですね。
それでも、基本週間ランキングやオリコンで一位が取れますから、問題ないです。
これは、アイドルのグループ数が少ないうえに人気であるからこそですね。

③感覚
あるジャニーズがこんなことを言いました。
アイドルは虚像だと。
これはジャニーズ特有の感覚かもしれません。
ステージに立つジャニーズは、幻想かな?って感じになるのも虚像だからかもしれない。
ほとんど日常生活が謎なところや、距離が近そうでめっちゃ遠いところとかがそういうことに関係してます。

しかし、Kドルは全く虚像じゃありません。リアルな人間です。
頑張れば自分の目の前30センチにアイドルがいることもできますし、Twitterでリプをくれたりもするし、サイン会で顔を覚えてもらえることもあります。
ある意味リアルすぎる、近すぎるんですけども。それがいいというファンもいるでしょうね。



わたしはどちらにも足を突っ込んでいるので
どちらの傾向も好きなんですけど
どちらかというとわたしはジャニーズにしろKPOPにしろ傍観者的位置で応援するので関係ありません。
でもやはりジャニーズにはもう少し距離を縮めて欲しいとは思うし
公式での売り上げにガチになるのはどうかと思う。
そして逆にKPOPは近すぎるからあと2歩くらい後ろに下がってほしい。
そりゃ家に押しかけられたりしたら嫌になるでしょう。やめたくもなりますよ。
だからね、すこし距離を作らないと彼らがかわいそう。(聞いてるか?事務所よ!←)



さぁ、皆さんはどちらが好きですか?