読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ん?お蕎麦?

雑食系オタク

ミンシュガの想い

こんばんは。


シュガが休暇について話してくれました。


こんにちはシュガです。多くの方が僕の休日について気になってらっしゃるので簡単に言うと、たくさん歩いてたくさん考えました。ミックステープを作る前に考えの整理をしたくて、旅行に行きたかった。必ず行かなければならない所もあったし 24歳防弾少年団シュガではなく24歳ミンユンギとしてできる事をしたくて、僕を見直す時間だった。今している話たちは歌手とファン、バンタンとアーミーではなく人対人としての話をしたくて始めたものです。たくさんの方に対峙する時一番悲しくなるのは、全ての人に公平にできない自分自身に向き合う時。誰1人傷つけたくないけど、そうできない時がある。僕は人間としてまだまだのようだ。 神戸コンサート2日目..あの日以降僕は深く眠ったことがない。沢山の人を傷つけたせいか、寝ればいつも冷や汗とともに眠りから覚める すでに1度ステージに立てなくて多くの人を傷つけた事があるから、何としてもステージに上がると言った。全員が止めた。ステージに立てない状況に本当においおい泣いた。泣けば負けなのに。僕にとって自分の悲しみを我慢するのはすごく簡単なことだ。でも僕を愛してくれる人たちが悲しむことはすごく辛い。僕はまた自分を愛してくれる人たちを悲しませてしまった。時間を戻せるならあの日何があってもステージに立っただろうだから行かなくてはならない所ができた。僕は休日の間神戸に行ってきた。沢山の人が止めたけど行かないと自分自身に対して堂々とできない気がして。だからあと先考えず行った、神戸に 公演をした公演場所に、公演が終わってからまた行ったのは今回が2回目だ。1回目はRedBullet初コンサートを終えてその翌朝に行ったAXホール。2回目はステージに立てなかった神戸ワールド記念ホール 僕は鈍感になるのがすごく嫌いだ。多くの人々が僕を愛してくれるこの光栄な日々を、当然だとは考えたくない。鈍感になりたくなくてまた行ったAXホール、そして神戸ワールド記念ホール 僕はステージに立つのがすごく好きだったし、今も好き。17歳の時観客2人の前で公演をした時も堂々と目を合わせて公演をした。けどデビュー後は自分自身に堂々と出来てないみたい。僕自身がまだまだということがよく分かったからかも そして花様年華のステージ初公演の日僕は久しぶりに観客の人たちと堂々と目を合わせた でもステージに立てなかった神戸2日目、あの日以降また堂々と出来なくなって。だから神戸に行った。あの公演場所に着いた時間から僕たちの公演が始まったあの時間まで周辺をウロウロしてた チケットブースから入り口、公演場所まで隅々と。皆さんたちと同じ感情になりたくて。沢山の感情を抱いた。喜んで公演を待つ時のトキメキ、悲しみ、恨み、怒り、憤りなど、皆さんを理解したくて、理解したが故に申し訳なくて。完璧じゃない人間だから弱いのに強い振りをする人間だからもう一度人間としてまだまだだと感じた。無宗教だけどその場で祈った。どうせ終わりは決まってること。終わりがあったとしても、この感情を忘れないでおこうと いつも1人でいたかった僕の、本当に多くの部分を皆さんが占めていた。年齢と性別、国籍や宗教 皆さんがどんな言葉を話そうがそれは僕にとって重要じゃない。予想外にMusicBankの放送をすることになって予定より早く飛行機に乗って帰った日 僕は沢山の考えを整理して帰ってきた。もう一度自分は祝福を受けた人間だということを感じて、いつも感謝して生きていかなくてはならないと思った。祝福される人間にしてくれてありがとうございますアーミー。表現下手で常に言葉にはできないけど こうして短くはない文章を通じて僕の考えを伝えますね。まだまだな人間なので常に感謝しながら生きていきます。愛してます、アーミー


訳してくださった
防弾少年団 訳 さんありがとうございます。お借りします。

私は、神戸に参戦予定じゃなかったので、どうこう言える質じゃないので言いませんが、人間味が溢れてるユンギが好きです。

そして、ユンギが悩み神戸に行ってる時のこの人。
f:id:yhn1707:20160110201259j:image

ジンニム……好きだwwwwwwwwwwww



안녕♡♡